« blog開始の礼 | トップページ | [いいのか?]青切符の反則金を払う保険 »

2006年7月23日 (日)

我が250GT納車日の記録

2006年5月末、ショップで納車を受けたのち、自宅まで自走して帰った。
それまで乗っていたフュージョンとは違ってかなりの腰高。まるでオフロード車に乗っているような気分だった。
また、シートの摩擦力がすごくほとんどすべらない。 急ブレーキをかけたときなど体が前にもっていかれそうになるがこのシートのおかげでそれも危うい感じがしない。 バイクの納車日につきもののガソリン補給を行ったが噂通り、給油の加減が難しい。 給油口の周囲にゴムの受けがついているのもこの理由から溢れ対策なのだろう。 セルフのガソリンスタンドだったが店員さんがやってきてあれこれScarabeoについて質問してきた。 見た目が興味を惹くのだろうか。
  2時間ほどかけて無事帰宅。 特に疲れることもなく時間さえ許せばもっともっと走っていたい気分にさせられるマシンだった。
(全体姿の方の写真は奈良飛鳥寺ツーリング時のもの)20060528003_120060604003_1

« blog開始の礼 | トップページ | [いいのか?]青切符の反則金を払う保険 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 我が250GT納車日の記録:

« blog開始の礼 | トップページ | [いいのか?]青切符の反則金を払う保険 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30