トップページ | 2006年8月 »

2006年7月30日 (日)

充電テスト

先週とりつけた電源取り出しキットのソケットにポケットナビのシガー充電コードを取り付け充電してみた。
残量半分といったところで充電開始。 7月の炎天下45分間走り続け充電状態を確認してみると ちゃんとフル充電になっていた。 携帯電話やこうしたガジェットの類いはバッテリが小さいから比較的早く結果がでるのだろう。 これで旅先でのナビストップは一応回避出来ることとなった。Judenkekka

昨日買ったもの

昨日の買い物。 通販(PDA工房)でポケットナビC310用のスリムカバーと専用シガレット電源を購入。
テスター(電子工作を勉強しなおしている)とマグネットロッド。 ロッドは仕事やスカラベオの整備時に狭いところに落としたネジ類をピックするため。Kaimono

バッテリーの寿命について考える

先週フロントカバーを外してバッテリに配線を行って以来考えていることがある。
新車といえどイタ車、つまり外車である。 日本車(特にホンダ車)と同じように扱っている痛い目に遭うのではと思いスカラベオオーナーの方達のブログをあれこれ拝見してみた。 やはり、というべきか2年と経たないうちにバッテリーあがりを経験している方が複数いらっしゃることが判った。 どれも内部の液が減少していたとのことで まめに液量を点検するしかないのか、と思う。 整備は極力ショップにおまかせして、あまり自分では手を出さないようにしようと思うのだが根が機械好きなのでこの先どうなるかは判らない。 バッテリーは素人なので判らないのだがあらかじめメンテナンスフリーのバッテリと交換しておくという方法はどうだろうか。Battery

Scooterfan新号、表紙がScarabeoだっ

久々になんばに出て買い物をした土曜日。 地下の旭屋書店で雑誌を物色していると雑誌「Scooterfan」の新号が目に入った。 vol.42の表紙はなんと我らが250GTの面構えで飾られていた!
もちろん中身も見ずに即買いだった。  帰りの電車ではつらつらと記事を静読。 編集後記に三上さんという編集長の方が熱心にMacとピクサーについて書いておられるのが目に留まった。 なかなかアップルとジョブスの間柄にご執心のようだ。  Mac、CGに関して日々奔走している身としては表紙にScarabeoを選んでくれた方が三上さんなのかな、と思いを巡らせたりもする。Hyousi

2006年7月27日 (木)

400ccモデル発表!

私がよく情報収集のためにチェックしている"イタリアスクーターでイこう italscooter.net"
 にScarabeo400の発表ニュースがあがった。

ほとんど500とかわらない姿でPiaggioのビバリーとそっくり。 かなりScarabeoテイストが薄まった感じのデザインだが日本ではリリースされるのかどうか。

2006年7月24日 (月)

電源取り出しキット取付

電源取り出しキット取付

電源取り出しキット取付

スカラベオは500ccモデルには携帯充電機能が備わっているが我が250GTには無い。最近の国産スクーターでも装備されている例がある。 前に乗っていたフュージョンにも取付けた経験があるのでスカラベオでもやってみた。 フロントカバーを外すとバッテリとケーブルが露わになるので座席側から接続ケーブルを入れて配線するだけだ。 シガーソケッとの変換器をつなげてみてパイロットランプの点灯を確認した。 後は実際に充電するかどうかテストするだけだ。 

2006年7月23日 (日)

伊丹のバイクセブン

雨続きの7月のとある土曜日、TUCANOのブランド品を直に見られる店をWebで探し兵庫県伊丹市のバイクセブンというショップを見つけた。 
さっそくScarabeoで行ってみると、想像より遥かに大きな店舗で少し驚いた。 南海部品などのバイク用品店とは格が違う印象でフロアには現行販売中のバイクが多数展示されている。 最近関西の用品店に行き倒しているので判るのだがヘルメットひとつとっても展示数がかなり多く、直に見れるのは有り難かった。 休憩スペースの自販機にはカップラーメンなどの軽食もありテーブルもいくつかあって雨の日も行ってみたくなる感じだ。  バイクの書籍、雑誌もバックナンバーまで置いてあってこれでmondo scootなどのバックナンバーがあればいうこと無しだったと思う。  探していた電源取り出しキットと、風を巻き込まないタイプのサングラスを買って店を辞した。 気軽に行ける距離ではなかったがいずれまた行ってみたいと思う。20060722

シートの位置調整

シートの位置調整

スカラベオシリーズすべてかどうかは知らないがシート後部が多少前後に動かせるようになっている。 標準の真ん中位置だとつい尻を後ろにおいてしまい何となく前傾姿勢になっていた。  ねじ4本を緩めるだけの簡単作業だったが時間がなくなり実際の乗車感は来週までお預けとなった。

[いいのか?]青切符の反則金を払う保険

検索の途中でプラチナパーソンという交通違反反則金を支払ってくれる保険サービスをみつけた。
http://www.p-person.jp/
反則金の意義を考えるとこれは合法なのかどうか疑わしい。 私も仕事柄社用車ででかけることが多いため違反は絶対できない。 プライベートで違反をしてしまったらやはり金銭的にもつらいしこんなサービスがあればいいなと思ったこともあった。 点数は戻らないんだからやっぱり違反はいけない、と肝に銘じる。

我が250GT納車日の記録

2006年5月末、ショップで納車を受けたのち、自宅まで自走して帰った。
それまで乗っていたフュージョンとは違ってかなりの腰高。まるでオフロード車に乗っているような気分だった。
また、シートの摩擦力がすごくほとんどすべらない。 急ブレーキをかけたときなど体が前にもっていかれそうになるがこのシートのおかげでそれも危うい感じがしない。 バイクの納車日につきもののガソリン補給を行ったが噂通り、給油の加減が難しい。 給油口の周囲にゴムの受けがついているのもこの理由から溢れ対策なのだろう。 セルフのガソリンスタンドだったが店員さんがやってきてあれこれScarabeoについて質問してきた。 見た目が興味を惹くのだろうか。
  2時間ほどかけて無事帰宅。 特に疲れることもなく時間さえ許せばもっともっと走っていたい気分にさせられるマシンだった。
(全体姿の方の写真は奈良飛鳥寺ツーリング時のもの)20060528003_120060604003_1

blog開始の礼

スクータの本場イタリアで人気のブランドapriliaから発売されている
Scarabeo(スカラベオ)という名のスクータに魅せられて遂に購入。
ついてはこれの整備や走行の記録を兼ねてこのブログを開始する。

トップページ | 2006年8月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31