« 夏が終わりへ向けて浜寺の路面電車 | トップページ | スカラベオ250GTを街で見た、乗っていたのは »

2006年8月29日 (火)

レトロスクーターグラフィックス

先々月になんばのジュンク堂で見つけて買うか買うまいかを随分悩んだ一冊。 こうした資料本的なものはデザイナーでもない限り個人で買うひとはそうそういないと思ったからなのだが 誘惑に負けて買ってしまった。
ベスパとランブレッタの往年の広告資料や製品資料から抜粋された写真やイラストが満載である。 見ていると自分が60年代のひとになった気分にさせられる。 
スカラベオに興味を抱くよりももっともっと前、そう今から15年くらい前にベスパが欲しくなったことがあった。 当時はスクーターブームなんてのもなく洒落ものしかそうした乗り物に興味をもたないと私は信じていた。
フランス旅行のおりに買ったバイク雑誌でランブレッタの存在を知りランブレッタの出物があるといいなあ...とほのかに思い続けたこともある。  今の私に言わせればイタリアの名車はベスパ、ランブレッタ、スカラベオなんである。

レトロスクーターグラフィックス ピエ・ブックス  3,800円+税Book

« 夏が終わりへ向けて浜寺の路面電車 | トップページ | スカラベオ250GTを街で見た、乗っていたのは »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/134044/3241356

この記事へのトラックバック一覧です: レトロスクーターグラフィックス:

» ベルサイユ宮殿 [ヨーロッパ旅行隊]
去年だったか、フランスにいったときにはベルサイユが改装中で鏡の間が半分しかみれませんでしたが、 [続きを読む]

« 夏が終わりへ向けて浜寺の路面電車 | トップページ | スカラベオ250GTを街で見た、乗っていたのは »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31