« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月26日 (日)

トレンチコートは、やり過ぎか

Scarabeoはあまり貧乏臭い格好で乗ると本当の「ダサバイク」になると思う。 実際私はこれまでかなり貧乏くさい格好でバイクに乗って来たのでScarabeoで出かける時はこれまでになく乗るときの格好に気を使うようにしている。
冬も本番になりコートを着て乗りたいと考えた。 前に書いたがバーゲンで買った春物コートがかなり気に入っているのだがサイズが窮屈な上に形がライディングに向いていないため使っていない。
これまで着ていたクシタニ製のバイクジャケットもあるのだが自分としてはScarabeoにはふさわしくないと思っているので着たくない 。 そんな我が儘な自分の欲求を満たすべく足を向けたのがユニクロだった。 安いなりの製品であることは百も承知だが稀にとてもバイクにあうものがみつかることがある。 数年前に3000円で買ったパーカーが非常に良くてもう一着予備に買っておけば良かったと未だに後悔しているくらいだ。
今回手を出したのは8000円弱のトレンチコート。 私くらいの世代だとどうしてもトレンチコート=ださいという印象があると思うのだが今は女性にも人気があるようだ。  着てみると割といい感じで運転できたので今年の冬はこれで凌いでみようと思っている。 (写真はいずれまた)

半年点検完了

24日(金)、代休消化のため平日休みを得たのでこの日に購入ショップの勧める半年目の点検にScarabeoを出してみた。 走行距離は約5,500km。  本格的な点検となると一週間以上も預けないといけないそうなので今回はその日に終える簡易点検にしてもらった。  結果、一時シートあたりからのガソリン臭がしたこともあったがガソリン漏れではなかったようだ。
リアボックスのキャリア部分のネジがいくつか緩んでいたそうなので今後はそのあたりの増締めに注意する必要があるかもしれない。 私が気になっているのは他の方にもよく発生しているバッテリあがり。  特にその部分の報告はなかったので大丈夫だとは思うが来週あたり自分でチェックしてみようと思う。
点検料こそかかったがその価値はあったと思う。

そのショップにオーダーしているロング風防の件だがアプリリアからの船便は未だ出ていない模様。
なんとか年内にはとりつけられそうな様子だが果たして。

2006年11月23日 (木)

今年も大阪ヨーロッパ映画祭

スクーターとは関係ないがイタリアつながりということで。 毎年10〜11月は大阪ヨーロッパ映画祭が開かれる。
海遊館を中心にいくつか場所が離れた会場でジャンルも内容も違った欧州の映画作品が上映されイベントが催される。 今週はいよいよその大詰めで海遊館での集中上映があるので行ってみる予定だ。 毎年印象に残る映画に出会えるしDVDなどメディアで購入することも叶わない作品がほとんどなので昔の映画館さながらに一生懸命集中してみてしまうのだ。  イタリア作品も当然いくつかかかるがやはり二輪が登場すると車種が何なのか気になって仕方が無い。

2006年11月21日 (火)

遊んだり勉強したり

年齢的にいって私はファミコン世代より上である。 かのファミコンが世に出たときに百貨店のアルバイトでファミコンを売っていたことがあるのでその情報だけはたくさん持っていた。 自分で買ったことのあるゲーム機はプレステくらいのものだ。 そのプレステではまったゲームがある。 トゥームレイダーだ。 映画にもなった世界的ヒット作だけに文句無くおもしろい。 プレステ後ずっとMac版でその後のシリーズを続けていたが最近は飽きてしまいやっていなかった。 先月、Xboxの記事で新しいトゥームが出ると知り、またやりたくなってきた。 今回PCではWindows版しかないのでやむなくそれをAmazonで購入。 操作性がかなり変わってしまったがやはり面白い。 ゲームはこれしか持っていないし他のものをやろうとも思わない。自分でもちょっと頑固かなと思う。

通勤時にPodcastを聞いている。 そんな中フランス語でIT情報を伝えるチャンネルがありこれも聞いているのだがかなり早口で半分も判らない。 またフランス語をやってみるかと思い立つ。 かなり以前に3級をとったのだがその後はたまにWebを読む程度で勉強してこなかった。今は準2級が設けられたので敷居の高い2級にいきなり挑戦せずに済む。 Scarabeoのことを考えてイタリア語も...とは思うがひとつのことを突き詰めた方が良いと判断。  昨日問題集を買って来たのだが... 読まずに寝てしまった。

2006年11月20日 (月)

冬到来で探すひざかけ

Tucanourbanoというイタリアの用品ブランド(バイク用だけではなくなぜかPC用のグッズも出している)から発売されているスクーターひざかけ"Termoscud"を探して日が過ぎて行く。 季節は秋から冬にうつりそろそろ冬用ウエアで乗らないと街乗りとは言え震えが止まらなくなってしまうほどだ。 10月に東大阪市にあるアクトというバイク用品店に行ってみたところ"Termoscud"の在庫処分品を見つける事ができた。 しかしスカラベオに使えるタイプはなかった。 以前に扱っていたという業者に電話で聞いてみたがすでに在庫はなく取り扱う予定もないという。
今週はちょうど尼崎に仕事で行くことがありその帰りに西宮にあるVespinoというお店に寄ってみた。 モンド・スクートにも記事が掲載されていて女性向けといった印象のお店だった。  前から気になっていたMOMOのヘルメットをみせてもらったりTermoscudの取り扱いを尋ねたりしてみたがとても丁寧な対応をいただいて好印象だった。 (Termoscudの扱いは無かったのだが)
店内にちょうどビバリー250の展示車両があった。 見ればみるほど来年のScarabeo250に似ている。 特にエンジンと足回りはそのままと言っていいくらいだ。  
MOMOのヘルメットは予算的に来年までお預けとなった。
さて来週はScarabeoの半年点検。 またお店までのショートツーリングとなる。

2006年11月15日 (水)

'07 Scarabeo? その外観に賛否両論か

イタリアのCyberScooterというサイトに来年に出るScarabeo250の情報らしき記事があるのを発見した。
イタリア語は勉強したことはないのだがおおよそのことは読み取れる。 16インチホイールに変更はないもののトランクは廃されシート下に30〜40リットルのスペースが設けられるようだ。 キャブはインジェクションとなり車名もScarabeo250i.eになるのだろう。 130km/hとあるのは恐らく最高速だと思う。
4199 ユーロといえば約64万円だから現行国内流通しているScarabeo250GTよりも高額設定になるのか。
なによりこのスタイルは400、500cc同様にあまりにピアジオのビバリーに似てはいないだろうか。
私個人の主観でいえば絶対現行のスタイルの方が好みだ。
来年からはアプリリアジャパンが盗難保険を外して販売するというから今のモデルが気になる方はここ1ヶ月の間にオーダーを入れた方がいいのかもしれない。
Apriliasca25007

マフラー交換で快調ストマジ10年選手

書き込みが遅くなったが11月3日にバイク店からひきとった修理あがりのストマジは快調そのものだった。 やはりマフラーが新品というのはいい。 ついでにサイドスタンドもつけてもらいかなり使い勝手はよくなった。 マフラー+サイドスタンドでも2万円かからなかったのには驚いたが。

風防その後

ショップに発注してあったロング風防。しかしショップに入荷したのはなぜかScarabeo200用の幅広風防だった。 これは250GTには付かないしなにより頼んでいたものではなかったので再度手配してもらった。 受け取りは今月末の予定。
先日ストマジで町内を走ってみたところさすがにもう風は冬のものになっていてつらい思いをした。
その直後にScarabeoに乗ってみるとこれは本当に風をよけて走っていることが実感できた。 
風防を早く交換したい。

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

最近のトラックバック

2020年5月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31