« 待ちに待ったvol.6発売 | トップページ | ナビで動画再生可能に/日本橋で250GTに遭遇 »

2007年2月13日 (火)

深夜の映画館へ気分は300km/h

この2月に封切られた映画「世界最速のインディアン」はランキング上位にこそ現れないが見ておいて損の無い映画だと言える。 実は先月書店でこの映画のもととなったスピードレコーダーの実録本「バート・マンロー スピードの神に恋した男」(ランダムハウス講談社刊 ¥1,900.税別)を買って読み始めて以来、はまってしまってどうしようもなくなり読了もしないうちから映画館に足を運んでしまったのだ。 幸い去年オープン(?)した近所の映画館でレイトショーがかかっていることがわかりストマジで行ってみた。 以外に国道から離れていて道がわかりづらかった。
夜の11時ともなると客も少なくゆっくり座ることができた(全席指定ではあるが)。
ストーリーはオフィシャルサイトで見ていただくとしてスクリーンに往年の名車がリアルに走る様はバイク乗りとしては本当に嬉しくなるものでちょっと外車の古っぽいものが好きな人はそれだけで満足できると思う。  実際に1920年製のインディアンで300km/h超を走ったという事実とバートの人柄に感じ入った私は帰りの国道のストレートで気分はボンヌビルとばかりにアクセルを開けたのだった。
Burtmunro

« 待ちに待ったvol.6発売 | トップページ | ナビで動画再生可能に/日本橋で250GTに遭遇 »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 深夜の映画館へ気分は300km/h:

« 待ちに待ったvol.6発売 | トップページ | ナビで動画再生可能に/日本橋で250GTに遭遇 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30