« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

2007年4月22日 (日)

和歌山の部品交換会で遥かな思い出を手にする

3月18日、早朝5時に出発。 和歌山県紀ノ川で開かれる部品交換会に向かった。  明け方の寒さは予想を越えていてつらかったが開始の6時になんとか到着できた。 会場は川沿いの広場で運動場のようなところに露店形式で出店されていた。 前泊組がたくさんいるらしくすでに駐車場は満車で会場も人が溢れかえっていた。 以前なにわ旧車部品交換会に行ったことがあるがそれよりも規模が大きく、うどんや たこ焼きの露店も出ていた。 モンキーなどの4ストミニ系のお店が大繁盛で各種部品を取り揃えていた。 30〜40代の人がむらがっており少し時代を感じた。 うちにも乗っていないモトラがあるので部品を物色してみたが使えるものはなかった。
Kinokawa


あれやこれやと目移りしながら歩いているとふとバイクのプラモデルが目にはいった。 バンダイのXL250s... およそ20年以上前に販売されていたものでシリーズで他にもヤマハのXT250などがリリースされていたはずだ。 手に取ってみて美品だったので1,000円でゲット。  実はこのプラモデルには深い思い入れがある。 まだ中型絵免許を取って間もない頃遠距離ツーリングを前提にバイクを買おうと考えこのXL250sの中古を探してまわったのだ。 友人も乗っていてその排気音に圧倒されたこともあった。 実車を購入する前にこのプラモを部屋に飾り、旅立ちのその日を夢見ていた。 箱絵がバイク雑誌にイラスト掲載で有名なBOW氏のものであるが、この男性のように片手に旅路を記した紙を持って愛車のそばに佇むというのが私の当時の憧れであった。 

Xl250spla
Xl250smemo


今思い返すとその時の自分が可愛いくも思えるが こうして箱絵を見返してみるとScarabeo250GTのそばにナビを片手に立つ自分が、成長のないおっさんであることに気づかされる。 成長はなくても浪漫は失いたくない。
Backsca
Frontsca

2007年4月18日 (水)

大阪モーターサイクルショーで見たマシンの続きの続き

続いて欧州車である。
Ducati SportClassic GT 1000
 21世紀のいまでもこんなデザインが用意出来るのか、とイタリアンには憧れのため息をつくばかりだ。
私はヤマハSRX-6のオーナーだったことがある。とにかく無駄なものがなくスタイリッシュなロードバイクでなければ乗りたくなかったのだ。 いろいろあってSRX-6は降りてしまったがこの足回りには惚れてしまう。
20070325008


Triumph Thruxton900
伝統あるメーカーがモデルカラーで冒険に出るというのは非常に感激する。 Bonnevilleなども憧れのマシンだっただけに時を忘れて見入ってしまった。

20070325009

2007年4月15日 (日)

大阪モーターサイクルショーでみたマシン続き

同じく大阪モーターサイクルショーで見たマシンの紹介。

・WOWOW 100
一見スーパーカブと酷似しているがボディカラーとフロントサス、リアフェンダが違うことで実際に見た印象はスクーターっぽいものだった。 台湾SYMの新製品のようで価格は5000元らしい。(日本円で10万円といったところか?)我がScarabeoもスーパーカブに似ているのでちょっと放っておけない存在ではある。

20070325003


・Looker50
これも台湾でKYMCOの人気マシンである。 日本でもすでに流通していて大阪、京都でもよくみかける。  価格も¥177,450.というから日本車よりも安いのではないか。  こちらもルックスがScarabeo50と似ているため気になって撮影した。

日本では今はマジェスティ、フュージョンなどのスタイルが主流だがイタリア、台湾のスクーターシーンの影響できっとScarabeoっぽいマシンが登場すると思う。 20070325004

2007年4月14日 (土)

3月に大阪モーターサイクルショーに行ってみた

先月25日(日)、大阪南港で開催された大阪モーターサイクルショー23rdに行ってみた。
その数日前に突然インフルエンザで寝込んでしまっていたため病み上がりのふらふらな頭で会場に出向いた。
ぼおっとした頭で見る会場は記憶に残せそうなものが少なく、我がアプリリアの出展もないのでいくつか写真を撮っだけで帰ってしまった。 いままで行ったモーターショーで滞在が一番短かかったと思う。
そんな訳で撮影した車両などをアップしてみる。

・Vesta GTV250ie
昨年ピアジオ社が発表したベスパ60周年記念モデル。 昨年発表即完売になった限定モデルGT60の量産(?)タイプだそうだ。 価格が¥795,000.もしなければ購入対象に考えたいところだがとにかくシートの美しい革張りが魅力的で実車を見てみたいと思っていた。 触れてみた革張りは想像以上に固く、クッション性は犠牲にされていない感じだった。 パーツのひとつひとつに高級感があって見ているだけで引き込まれそうな魅力のあるデザインである。Gtv1jpg
Gtv2
Gtv3

2007年4月 9日 (月)

春、うすら寒いけど和歌山へラーメン

Blogを少し放置してしまった。 後の記事で書いていこうと思うがとにかく2〜3月は忙しかった。
その他諸々個人的な事情で落ち込んでたり...
さて今回は最近乗ってやれなかったScarabeoでまたラーメン店探訪をしたいと思い、和歌山の
麺屋とみを訪れてみた。
場所は和歌山ICを降りて少し南下したところ。 道が細いが通行量も少ないのでスムーズにたどり着けた。
行ってみてきづいたのだが和歌山にあって味は尾道ラーメンだった。醤油のさっぱりした感じでとても
くせのない味。 空腹も手伝って一気にたいらげた。  嫌な感じがひとつもないところが逆に没個性な
印象を醸し出しているような気もする。 とにかくおいしいことは保証できる。 
4月の春先というのに風がまだ冷たい。 阪和道を走ってみて思ったのはさすがロング風防、●●●km/hから
でもさらに気持ちのいい加速ができる。 これは夏でもこのままでいようか、と思わせる性能だ。
Menya
Tomi

« 2007年2月 | トップページ | 2007年5月 »

最近のトラックバック

2019年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30