« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

2008年1月13日 (日)

今年最初のなにわ旧車部品交換会

今年最初のなにわ旧車部品交交換会に行ってきた。 いつもの通り、大阪・舞洲へScarabeoで行く。
起きたのが遅かったので到着したのはすでに10:30。出物は売れてしまった後だとは思ったが来場者のバイクを見るだけでも楽しい。 いつも来ているCB72の人が今回もきていた。 綺麗にレストアして乗っている。 今回持ち合わせが2000円しかなかったので何も買わずに帰るつもりだったのだが、会場の隅で出店しているところに表に出さずに積まれたままの食玩を見つけてしまった。 マイティジャック。 昭和44年ごろの特撮なので40越の人じゃないと知らないと思うが、この作品の食玩を昔買いそびれその後日本橋のフィギュアショップで1個1000円くらいで売られていたが手を出さなかったことがある。それが未開封のまま10個入りで2000円でいいという。 少し迷ったものの買って帰って開けてみるとラインナップ6個が全部入っていた。残念ながらレアものの「レイブン主翼なし」の方だけは入ってなかったがそれでも大満足だ。 
Mjshokugan

2008年1月 5日 (土)

メインスタンドが折れたのは

20080105141


サブで使っているストリートマジック(スズキ50cc)がガス欠に。うまい具合にセルフスタンドの前だったので給油しに入ってメインスタンドを立てたところ 感触がいやにやわらかかった。 もしやと思ってスタンドをみると半分が折れてとれてしまっていた。 生産から考えて10年が経過しているモデルなので仕方ないといえばしかたないのか... 前に乗っていたZookもスタンドが折れて無理やりに停めていたことがあった。 今回ストマジは去年の故障の際についでにサイドスタンドをつけてもらっておいたのが役にたった。 

録画で城山三郎の紹介番組を見た。 組織と個人の関わりを考え続けた人。 近くの書店で「静かに健やかに遠くに」という文庫本を買って来て読んでみた。 こうした本を読まなくなってから久しい。 どこか学生時代に戻ったような錯覚に陥る。

パリダカ中止...

Paris-Dakar Rally. 古くから知っている人にはパリダカと呼んだ方が通りがいい。 今年で30回目を迎えるというのに初めて中止が決定されたとニュースで報道された。 今年は1月5日にポルトガルからスタートするはずだったのだが政情不安な地域を通過するということで断念したのだという。 創始者のテリー・サビーネが大会中に視察ヘリに乗っていて墜落死した時も最後まで続けたし、翌年からも彼の父親が後を継ぐ形で続けていたくらいのラリーだったのに...
私がパリダカにこだわるようになったのは前に書いたHonda XL250Rを愛車に選んだことによる。
このマシンはホンダがパリダカで好成績を残した記念に特別仕様が発売され、私はその大きな21リットルタンクに惚れ込んで注文したのだ。だが、ぎりぎりで販売終了しており通常販売モデルを買う事になった。 それでも初のツーリングマシンということもあり7年間もの間私の旅の相棒としてかわいがったものだった。 当時パリダカの番組や雑誌を読みあさり、出場することは叶わなくても国内エンデューロくらいは出たいと野望を燃やした。
 いつの間にかパリダカのニュース見るだけで満足するようになって幾年月。 お正月の楽しみになっていただけに今年は本当に残念だ。

Paridaka

« 2007年12月 | トップページ | 2008年2月 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31