« 映画「プライスレス」を見て来た | トップページ | Sentimetality6(83年) »

2008年4月12日 (土)

Art of noise(89年10月)

Aonnosense

今回のMP3化はArt of Noiseの"In no sense? Nonsense!"だ。
1989年10月の録音となっている。 サラリーマンになってやっと仕事ができるようになったくらいのころだ。 たしか諸々の事情があって家を出なくてはならなくなり単身親戚の家に居候の状態だったときだ。 ふとんを敷く場所がなくて冷蔵庫の前にふとんを敷いてて頭か足が冷えて困ったものだった。

このテープはマクセルUDIIの46分でハイポジションタイプ。(底面の検知穴が通常のものより大きく空いている)

Art of Noiseは私が新人で東京務めだったとき、先輩のエグチさんという女性から教わったアーティスト。 その時は「東京はおしゃれに気取ってらあ」と大阪の田舎者丸出しで見向きもしなかったのだが後に大阪に戻ってから気になった。 このテープの音源はCDレンタルだったのか人から借りたのか今となってはまったく思い出せない。Art of NoiseのファンサイトWikiがあるので見ていただければだいたいどういうものかはお分かり頂けると思う。 アンビエントの要素が強いこのアーティストに魅かれたせいか今でもテクノ系のアンビエントは好んで聞いている。
今回もすべてを覚えているわけではなく聞いてみてやっと「こんなのあったな」と思い出す程度だった。

収録曲(順不同)
※このアルバムには下記の他に"CounterPoint"、"Nothing Was Going To Stop Them Then, Anyway"という2曲があるはずなのだが録音していない。46分というテープ長を考えて割愛したかもしれない。

■Roundabout 727
■Ransom On The Sand
■One Earth
■Ode To Don Jose
■Galleons Of Stone
■A Day At The Races →タイトルどおりドラッグレース会場のようすが収録されている。その疾走感がナイス
■E.F.L
■Debut
■Crusoe
Dragnet →映画「ドラグネット」や仮面ノリダーで使われていたので比較的有名。(ノリダーが後に成長し電車男になったことには驚いた)
■Fin De Temps
■How Rapid?
■Opus For 4
■Roller

« 映画「プライスレス」を見て来た | トップページ | Sentimetality6(83年) »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 映画「プライスレス」を見て来た | トップページ | Sentimetality6(83年) »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31