« AIRCHECK42(83年6月) | トップページ | Art of noise(89年10月) »

2008年4月12日 (土)

映画「プライスレス」を見て来た

先日SJさんからコメントをいただいた時に教えていただいた映画を見て来た。
「プライスレス 素敵な恋の見つけ方」
あのヒット作「アメリ」で主演していたAudrey Tautouが大人の女を演じている。
避暑地で金持ちを見つけては近づいて貢がせている彼女が冴えないホテルマンを
金持ちと勘違いしてしまったことから始まるラブコメディだった。
内容から言っておっさんが一人で見に行くには少々敷居が高い映画だったが
そこは大義名分「フランス語の勉強」を自分に言い聞かせてScarabeoで映画館に向かった。
劇中 男の方がホテルマンとして仕事中に何度かTout à fait! と返事をするシーンがあり気になって調べてみた。 「全く」(クラウン仏和辞典より)
"まったくそのとおりですよ!"ということだろうか。 Bien sûrだと「もちろん」だからこの場合はこう言うのだろう。
フランスのオフィシャルサイトでは男優のGad Elmalehの方が画面中央に位置していて日本の宣材とは少し違うようだ。

さて我らがScarabeoが登場するシーンだが金持ち未亡人にうまくとりいった男があれこれ婦人に貢がせてスクーターも手に入れた、という場面。 ちょうどYOUTUBEにそのシーンがあったのでどうぞ。(YOUTUBE側で削除されていたらご容赦を)

画面では判りにくいが色は私のと同じデビルレッドだと思う。 この後何度かScarabeoが登場する。 ラストシーンでも無くてはならない小道具として最後まで観客の眼の中で走り続けていた。 (結末などどうでも良いという方に、ラストシーンはYOUTUBEで原題のHORS DE PRIX、あるいはBon anniversaire Manueと入力してみると見つけられるはずだ)

高級ホテル、ブティック、高級腕時計、と次からつぎへ現れるなかScarabeoの登場はオーナーとしては鼻が高い気持ちでいっぱいだった。 

4月中はまだ上映しているはずなので気になる方はScarabeoで出かけてみては。

« AIRCHECK42(83年6月) | トップページ | Art of noise(89年10月) »

コメント

あ゛、いーなぁ。ワタシ、まだ観てないんですよ。
ウチの地区では名古屋まで出ないと観られないので
時間が取れないんです。
DVDでも発売してくれないかなぁ。

フランス語は大学時代に2年。
普段使うことも無く、もう、ほとんど覚えてません。
も一度、勉強したいけれど、
仕事絡みで、イタリア語の方が先かも。

お約束どおり見てきました。 大掛かりなロードショーではないだけに早々のDVDリリースorテレビ放送が期待できると思います。 イタリア語もやってみたいですね、そういえば名古屋にイタリア村ってなかったでしたっけ。

ワタシは一昨年、一度だけ行きましたが
採算的にも成功してないようだし
建築法規上も問題ありなようで、タイヘンそうです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« AIRCHECK42(83年6月) | トップページ | Art of noise(89年10月) »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31