« Art of noise(89年10月) | トップページ | NEWWAVE6 »

2008年4月14日 (月)

Sentimetality6(83年)

今回のテープのタイトルは「Sentimentality6」(おそらく83年ごろ)
私の高校生〜大学生の頃はエアチェックブーム大全盛だった。 そしてその大半はFM放送からのものでありFM放送局といっても1980年代の大阪にはFM大阪とNHK-FMの2局しかなかった。 (在阪FM局でもっとも気を吐いているといっていいFM802は1989年に始まる。)
FMの夜の番組には大人っぽい物が多く、ジャズなどはまだまだ理解できなかったから自然とインストゥルメンタル系の番組をよく聞いていた。 城達也のジェットストリームクロスオーバーイレブンといった深夜0時前後の番組が特に好きで、まずはテープにまるまる番組を録っておいてから気に入った曲の部分だけを別のテープにダビングしてプールしていた。 そうしたプール用のテープの中でも物悲しい曲ばかりを収めたものには「センチメンタリティ」シリーズと名付けた。

Senti
Senti2
※今では珍しくなった「インスタントレタリング」によって文字張りされたタイトル


このテープはマクセル XLI-S 46分。ノーマルタイプで店頭購入の際はいつも5本まとめ買いをしていたように記憶している。 価格はいったいいくらぐらいだっただろう? 300円ぐらいだったのではないかと思う。
カバーシートはいつも購入していた雑誌「FM Station」の付録かと思ったが、よく見てみると裏面にDENONとあるので恐らくDENONテープを買ったときに入っていたシートだろう。

このテープのMP3化でひとつ困ったことが起きた。 シートにいっさいの記入が無いのだ。 聞いただけですぐ思い出せない曲はインターネットでもなかなか調べようがない。 と、その時にあるサイトのサービスを思い出した。
midomiである。 

以下引用
midomi.co.jpは、歌を通じて世界中の音楽や人々とつながる、音楽検索SNSサイトです。 歌うだけで探す歌を見つけたり、自分の声で好きな歌を録音して投稿する、他のユーザの歌を聴く、メッセージを送る、人気ランキングをつけることなどができます。

ということでこのサイトにアクセスしてMP3変換した曲をそれぞれ「ラララ...」と歌ってみては曲名を知って記録をつけていった。
※情感豊かな曲を選んで録音していたのだろう、そのほとんどがオーケストラ調でボーカルは入っていない。そのため歌詞から検索する方法が使えなかった。

収録曲
■小さな木の実.mp3 →midomiで解決
■あの素晴らしい愛をもう一度.mp3 →これは有名。
■今日の日はさようなら.mp3 →これも有名。
イルカの日.mp3   →映画は見た事がないが旋律が好きで収録したはず
■映画「E.T.」.mp3  →E.T公開当時に録音したと思う。
■映画「E.T.」2.mp3  
■無縁坂.mp3    →さだまさしはアルバムも持っているのに「精霊流し」だと思っていた midomiで解決。
■Greensleeves.mp3


■恋はみずいろ.mp3 →有名
■タイプライター.mp3
■Pierre Porte Orchestra『Love World』.mp3 →FM番組「細川俊之のワールド・オブ・エレガンス」のOPであまりにも有名。  ファンブログに写真を発見。
雙星情歌 許冠傑.mp3 →香港映画Mr.Booで有名なサミュエル・ホイの曲。 レコードB面から録音した。
■Green Sleeves#.mp3
Mr.Lonely.mp3 →YOUTUBEで城達也ナレーション入りをみつけた(感動)
■a.mp3 →※文字ではうまく表せないがよく聞くジャズ風の曲、なのだがmidomiでもみつけられなかった。
■b.mp3 →同上  
■c.mp3 →同上

« Art of noise(89年10月) | トップページ | NEWWAVE6 »

コメント

デジタル化、進めてみえますね。
ワタシも昔のテープ音源が膨大にありますが
放ったままになってます。
気にはなってますが、つい、面倒で。(^^;

楽曲の方も懐かしいラインナップですね。

今の30代後半から上のひとはたいていエアチェックや
レコードダビングでたくさんのテープをもっているのではないでしょうか。 その背景にはウォークマンの登場という大きな要因があると思います。 いままたiPodのおかげでこれだけ音楽情報が拾いやすくなっていますね(曲そのものもDL販売などありますし)

タモリ倶楽部を見ていたら昔のテープをかけると経年変化で音がめちゃくちゃだったという場面があり、早めにMP3化しておこうと思った訳です。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Art of noise(89年10月) | トップページ | NEWWAVE6 »

最近のトラックバック

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31